Banquet

お電話でのご予約はこちら

03-6413-9618

ご予約はこちらから
  • お問い合わせ
  • facebook

BLOG

どこまで知ってる?ブリーチのメリットとデメリット

みなさん、こんにちは!
BANQUETの下薗です!

今回はブリーチのメリットとデメリットについて
お話をしていきたいと思います。

ブリーチとは、髪のメラニン色素を脱色することです。
特に金髪にしたい時に
ブリーチは使用されます(^o^)

みなさんは、ブリーチに対するイメージはどうでしょうか?
メリットよりデメリットの方が
先に思い浮かびませんか?



『ブリーチのメリット』


ブリーチをする人のほとんどの人は
カラーリングに対するこだわりや
人とは違うヘアカラーが好きな人だと思います。

そんな中、ブリーチのメリットというのを
ここでお話していきたいと思います。

【外国人風ヘアカラー】
【ビビットなカラー】
【クリアなカラー】
とても向いているヘアカラーです。

どれもブリーチをすることで幅広く
表現出来るんです!

今のトレンドがブリーチカラーなので
流行にのって周りの目をひくこと間違いなしだと思います☆

あとは、イメチェンを考えている人には
とってもオススメです!




僕は美容師を始めた時すぐに
ブリーチをして金髪にしたことがあります。
社会人になった記念と
美容師だから髪は自由に遊べるということでやりました。


全体にやるのも

ポイントで入れるのもインパクトがあるので
ブリーチ初級者の人でもチャレンジしやすいですよ〜^_^


約20年くらい前にコギャルファッション
が流行り厚底ブーツ、ヤマンバメイク、
ミルクティカラーとめちゃくちゃ流行しました。

な、な、懐かしい。。


30代後半から40代前半の人たちは

経験あるかもですね(^^)


ブリーチをすると髪の色素を分解して明るくなります。

メラニン色素が髪にたくさんあることで
クリアなカラーや外国人風カラーをするのに
とても邪魔をしてしまうのです。


例えば、アッシュというカラーは

ブルー系の色味やグレイ系の色味で作られているので
赤みの強い髪に入れると

うまく色を出すことができません。
どうしても茶色っぽくにしか出ないんです。
※カラー剤や髪質によります。


特に髪の硬い人はキューティクルの層が
多いので髪も明るくなりずらいのでアッシュ系カラーは

出しずらいんですよね。


と言うのも、白のキャンパスには、赤、青、黄色など

色ははっきり出ますが、黒だとどうでしょうか?


見えずらいし、どの色かわかりずらいですよね。

茶色に入れても色味がわかりずらいので
ブリーチを使用した方がキレイに入れることが可能です。


ブリーチすることで色彩の幅が広がり

色々なカラーを表現出来るんです。


そのほか、硬く見える日本人の髪を

柔らかく見せたり量が多く悩んでる人は
軽く見せることができるんですよ!


日本人の髪はメラニン色素というのがあり

特にユウメラニンという赤い色素が多く含まれています。
なので、日本人の髪は黒いのです。


ちなみに、白人などの髪に多いのが
フェオメラニンで黄色の色素を多く含んでいます☆


豆知識として白髪になるのは加齢と共に

ユウメラニンが減少していくことで起こる
現象なんですよ〜。

 

最近では、ケアブリーチというのも出てきて
ブリーチをする際のダメージも軽減することができます。
髪のコンディションや、やりたい色に合わせた
カラーが以前より可能になりました!


『ブリーチのデメリット』

やはり、一番はダメージです

 

これは切っても切れない問題ですね。

特にブリーチを2回、3回と繰り返すと
ダメージは蓄積されクリアで透明感のある
カラーが出来る代わりに枝毛や切れ毛の
原因になるのです。


他には色がすぐ抜けてしまう。


ブリーチをすることで髪内部のたんぱく質を

分解していくので繰り返すことで髪の中から
どんどんと抜けてしまうのです。


髪のたんぱく質が抜けてしまうと

カラーを入れても中身の無い髪の毛では
色を留めておくことができなくなります。


通常のカラーよりその現象が起こりやすくなるため
シャンプーするたびに色素が抜けてしまうのです。


補足として、カラーの色素を補う

ムラサキシャンプー、ピンクシャンプー、
シルバーシャンプーというものがあります。

洗いながら色素を補充してくれるので
お気に入りのカラーを長持ちさせられます。


ブリーチをしているカラーは必須アイテムですよ☆


ヘアケア商品に並んでカラーシャンプーは人気で、
バンケットでもお取り寄せできますよ☆


あとは、縮毛矯正やパーマなどの施術は

難しくなります。


出来ないとは言わないですが

特にブリーチ毛に縮毛矯正は危険な施術になります!


美容室によってはやっているところも

ありますが極力やらない方が良いかと思います。


理由としては


ブリーチ毛に薬が耐えられない

色が抜けてしまう
アイロン施術の髪は色が濁りやすい。
これは、デジタルパーマも一緒と言えます。


熱の力で形を変えた髪は

色素が通常よりも深く入ったりすることが
あるので狙った色になりづらいのです。


【ブリーチをした髪のケア方法】


ブリーチをした髪に一番良いケア方法は

髪内部の栄養補給と水分補給です。


しかし、髪は死滅細胞で一度傷むと治らないと

言われています。


では、何をしても意味が無いのか?と言うわけではありません!


ビビれ毛の様になってしまった毛先は

切ることをオススメしますが
毎日のヘアケアで少しずつまとまりや
ツヤ色持ちも良くなります。


ご自宅でできるトリートメント以外での

ルーティンで髪をいたわる方法があります。


①シャワーの温度は38度で

②髪を湯船に浸さない
③ドライヤーでしっかりと乾かす
④硫酸系シャンプーを使わない
⑤ドライヤー前はオイルトリートメントを使用


カラー後の髪の毛は非常に
デリケートな状態です。
特に2週間がその状態と言えるので
是非実行してみてくださいね☆


まとめ

ブリーチを使ったヘアカラーには
メリットとデメリットがあります。

正しいヘアケア方法をしていけば
せっかく入れたカラーを一日でも長く
楽しめます☆


人とは違うカラー、人より目立ちたい、

イベント前にカラーチェンジしたい、
校則や社則が厳しいからコッソリ中に入れたい。。。


色んなシチュエーションがあると思いますが

どんな自分になりたいのか?
に合わせたブリーチカラーを
お手伝いさせていただきたいと思います☆


是非ご相談くださいね☆

ケアブリーチ ホームケア情報

Category
Archives