Banquet

お電話でのご予約はこちら

03-6413-9618

ご予約はこちらから
  • お問い合わせ
  • facebook

BLOG

髪の毛のブラッシングしていますか?


みなさんこんにちは!
バンケットのコトネです(^o^)丿

みなさんは日々生活している中でブラッシングをすることってありますか??
ついつい忘れがちなブラッシング。。
美容室でシャンプーする前に「ブラシを通しますね!」
と声をかけられたことがるのではないでしょうか??

最近では雑誌でもパドルブラシが付録になっていたり
絡んだ髪の毛を取れやすくしてくれるブラシ、ウェットブラシ
他にはブローする時やセットの時に使うロールブラシやデンマンブラシ、
クッションブラシなどなど色んなブラシがありますよね。

当たり前だと思っていても意外と分からない。。(*_*)ブラッシングの効果をご紹介していきます。

【ブラッシングの効果】

髪の毛の汚れを取り除いてくれる
生活する中で帽子を被ったり、髪の毛を触ったり
お子さんがいる方は公園で遊んだ時なんかは
砂がついてしまったり葉っぱが付いてしまったりと
いろいろありますよね(^-^;
朝お出かけ前のブラッシングは思い浮かぶと思うのですが、、
他には、、お風呂前のブラッシング!
シャンプー前のブラッシングは髪の毛についた汚れ
ホコリや抜け毛、フケなどを取り除いてくれるのです。
実は1日に髪の毛は50~100本以上抜けると言われています。
頭皮環境を整えてあげるという事は健康でしっかりした髪の毛が育つ
という事に繋がっていきます。

スタイリングがしやすく、引っかかりや切れ毛を防げる
絡まった髪の毛やボサボサの髪の毛をまとめようとしても
なかなか決まらないですよね(*_*)
髪の毛を1度といてあげることによって切れ毛なども防げ
スタイリングがしやすくなるんですね。

頭皮の血行促進効果                          
頭皮用マッサージブラシ(シャンプー時)や乾いているときの
ブラッシング(パドルブラシ)は頭皮の血行促進効果があります。
頭皮環境の改善や過度な抜け毛、薄毛予防にも効果的なんです。

 

髪の毛の艶や潤いをもたらす効果
頭皮は乾燥を防ぐために皮脂を分泌しています。
ブラッシングをしないままだと、、頭皮から約20cm程しか
油分が行きわたりません。
そこでブラッシングをしてあげることによって毛先まで油分(皮脂)が伝わり
潤ってくれ、根元から毛先に向かってブラシを通すことにより
キューティクルが
整い油分(皮脂)がプラスされツヤが出るのです!

【ブラッシングの注意点】

過度なブラッシング
過度なブラッシングは、頭皮や髪をダメージさせるので要注意ですよ。
シャンプー前のブラッシングは、頭皮にブラシを当ててから優しく
毛先まで通してあげましょう。
夜寝る前や朝起きた時は、髪中心にブラシを通してあげると良いですよ(^o^)丿

濡れている時のブラッシングは要注意
髪が濡れている時の髪の毛はデリケート(*_*)
濡れている時にブラッシングする場合は、ウェット用のブラシもあるので
絡まりづらくオススメですよ。

頭皮が荒れている時はやめましょう!
頭皮にかゆみや湿疹があるとき、日焼けなどで頭皮や髪のダメージがあるときは
頭皮の余計な負担をかけてしまうのでブラッシングを控えましょう。

ブラシは清潔に
毎日使うブラシには髪の毛や汚れが付いてしまいます。
定期的にブラシを洗い清潔に保ちましょうね。
髪を取り除き、洗えるものであればシャンプーを薄めたものにつけて洗い流しましょう。
洗えないものであればヘアブラシクリーナーというものもあるので使ってみてくださいね。

【ブラッシング方法】

毛先の方から優しく通していきましょう。
毛先が絡まっていたりすると根元からブラシを通した時
引っかかってしまいダメージしてしまったり枝毛ができやすいので注意です。

・毛先が通し終わったらすべての髪の毛にブラシを通すイメージで前から後ろに向かってかき上げる感じで通してあげましょう。(毛先まで)
襟足などは後ろから前に持ってくる感じで通してあげましょう。
顔を傾けたりすると通しやすいですよ!


ブラッシングで美髪

・シャンプー前のブラッシング

シャンプーをする前にブラッシングをしておくと髪の毛についている汚れやホコリを落とすことが出来るのでシャンプーで絡まりにくく泡立ちも良くなりますよ。
なかなか泡立たない。。という方も試してみてくださいね♪
シャンプー前に使用するブラシは、パドルブラシがおすすめです。
パドルブラシを使うことで頭皮に適度な刺激を与えることができて
頭皮の血行促進、育毛効果などが期待できます。


・寝る前&朝起きてからのブラッシング

寝る前にブラッシングをすることで、枕やシーツとの摩擦でおこる髪の絡まりを防ぐ効果があります。健康な髪の毛は夜寝ている間につ作られます。なのでブラッシングで頭皮の血行を良くしておくことも大切なんです。
朝は寝ている間に絡まった毛先をブラッシングで梳かしてから髪を濡らしたり、スタイリング剤をつけたりしましょう。

・トリートメント剤をつけてブラッシング

乾燥した状態や、静電気が起きるぐらいの状態でいきなりブラッシングすると摩擦と静電気でダメージしてしまいます」。。
バンケットでも必ずお伝えしているのですが、乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけてあげましょう。
付けてから優しく毛先までブラシを通してあげることでそのオイルが満遍なく広がり栄養が行きわたりやすくなりますよ!
満遍なくオイルが行きわたることによってツヤやまとまりもアップ。
※付ける際もキューティクルの流れに沿って上から下に向かって付けていきましょう。

【まとめ】

意外と忘れがちなブラッシング。
ガシガシとしては髪の毛に負担がかかってしまうだけです。。
毛先から優しくブラシを通して絡まりや引っかかりがないなと思ったら
根元から毛先まで通していきましょう。
パドルブラシはピンが長いので頭皮まで届きます。
「心地いいな」と思うくらいに当てて優しくブラッシングしてあげると効果的ですよ。
あくまで優しくですからね(^^)/

寝る前や朝起きた時に使用するブラシはパドルブラシなどよりも
少し柔らかめのものを使ってあげるのも良いと思います♪

美容情報 頭皮ケア

Category
Archives