Banquet

お電話でのご予約はこちら

03-6413-9618

ご予約はこちらから
  • お問い合わせ
  • facebook

BLOG

憧れの透け感カラーを手に入れるのは?

こんにちは!
バンケットの下薗です。

今回は夏にオススメの
透け感カラーのご紹介です。

夏は明るめの色や素材の軽いファッションが
多くなるため、ヘアスタイルやカラーも
明るめ&軽めが主流になってきますよね。

中には暗めのカラーで紫外線で褪色対策を
するということもあるのかな?と
思われます。

さて、透け感カラーて
どんな色を想像しますか?

透けてる色って?

透け感カラーでググってみると
『外国人風カラー』や『透明感カラー』ていう
ワードが出てきます。

というのも、実際に透明感のあるだとか
透け感カラーてどんな色味をさすのでしょうか?


グレイッシュなカラー

圧倒的に多いのがこの色です。

グレイ→ねずみ色

白と黒を足してできる色

雨雲の色

いろんなイメージが出ますが、
いわゆるこの色味のカラーが透け感カラーと
なるわけですよね。


黒髪に入れてもグレイにはならない?

とにかく、一つ言っておくと地毛の黒髪に

グレイシュな色味は入らないです。

それは、な ぜ か ?

髪の毛のメラニン色素が邪魔をするからです。

日本人の髪はユウメラニン(黒褐色)
多いため髪が黒く見え、また赤みが強くあるため
グレイッシュなカラーとその色素が反応した時に色が出ないというわけです。

まれに、もともとの髪質が明るかったり
アッシュ味がかった髪の場合などは例外的に染まることもありますが、
ほとんどの場合は染まらないでしょう。

メラニン色素をを壊せば別ですけどね^_^


ブリーチをしないでもグレイッシュな
カラーは可能か?

答えは

YESとNOどちらも言えますね。。

先ほども言ったように『髪質』によって
違います。

出来るとも言えますが、
室内と外(自然光)では見え方が違うのと
透け感は明るい場所の方が

良く見えるかと思います。

本題に戻ると【ブリーチ】していなくても
ある程度の明るさがあれば色は入りやすくなります。
グレイッシュなカラーの天敵の色味は
赤やオレンジ味ですね。

黄色っぽい色に近ければ近いほど
グレイッシュなカラーは入りやすく、
明るい方が見えやすいですよね。

濃いめに入れると色持ちはいいけど
最初は暗いですよね。
それは、それでありかと思います。

僕もそういう提案をします。
全員ではないですけどね^_^

ブリーチをするメリットは明るい透明感のあるカラーがつくりやすい。

ブリーチなしの場合は透明感はアリに比べると劣りますが
ある程度ベースの状態が明るいと透け感カラーは出す事が出来ます。

一番の問題は。。

メラニン色素です。
これは本当にお邪魔ムシなんですよね、、。

でも、ブリーチしないで透け感のあるカラーをしたい人いますよね?
なのでなるべくなるべくやってあげたいのが本音ですが、
こんな人は僕にはできませんのでお話しておきます。

・縮毛矯正かけている人
・マニキュアしてる人
・切れ毛になるほどのダメージしてる人
・ヘナをやってる人

この状態だと僕はお断りしています。
キレイにできる自信がありません!
出来る人いるかもですけど(*´Д`)

てな感じで長々とお話しましたがおすすめの透け感カラーはこちら。


 


ビフォーを取り忘れましたが
ブリーチはしていないくけど結構明るめの状態でした。

そこに、透け感カラーのグレイ系のカラーを入れてみました。
ハイライトもところどころに入っていたのでより透明感のある
仕上がりにありました!

光の加減で見え方が違います。


決して画像の加工ではありません。

まとめ


自分の髪の毛の状態によって透け感カラーのレシピも変わります。

当たり前だけど同じ色にしてほしいと言われたときに
見本になる人と同じ髪質でも状態でもないのであくまで
イメージとしてとらえていただけたらと
思います。

髪質が赤みの強い日本人にどうやったらキレイに見せられるのか
日や研究してお客様にご提供できたらと思います。

ではまた来週★

 

オススメ お客様ヘア

Category
Archives